キービジュアル

リハビリテーション

理念

私たちは患者様の気持ちに寄り添い
「自分らしく暮らす生活」
を目指したリハビリテーション
を提供します。

特徴

整形外科術後の急性期リハビリテーションから回復期、維持期まで積極的にリハビリを実施していくのが当院リハビリテーション科の特徴です。

訪問看護として在宅復帰後のリハビリテーションにも関わっていきます。
60名の療法士が理学療法、作業療法、言語聴覚療法の専門性を発揮して病期・病態に限らず在宅復帰、その後の生活支援に向けて積極的にリハビリテーションを行います。

リハビリテーション部 部長 角田信夫

リハビリテーション部

部長 角田 信夫

理学療法

インソール(足底挿板)療法、神経筋促通手技等の専門技術を常に磨き、失われた機能の最大限の回復を行います。

作業療法

身体・認知・高次脳機能訓練、生活動作訓練はもちろんPOC(Point of Care)リハ、集団リハを活用して在宅復帰から就労支援など「その人らしく暮らす生活」を支援します。

言語聴覚療法

VE、VFによる評価を積極的に行い「最後まで口から食べるを諦めない」取り組みを行います。また失語・高次脳機能へのアプローチにより「思いの表現」を支援します。

多職種連携

入院初日からご家族様との情報共有を図り、毎週各専門職が集まりカンファレンスを行います。
リハビリの進行状況に合わせてご家族様、ケアマネージャ等も含めたファミリーカンファレンスを実施してご本人・ご家族様のご意向を尊重した退院支援を行います。

PAGETOP PAGETOP