診療科のご案内
当院の外来診療や入院に関する内容についてご案内いたします。

詳しい診療内容や対応疾患、特徴についてはお気軽にお問い合わせください。

内科
外科
整形外科
リハビリテーション科
消化器科
人工透析

内科

診療内容

内科全般を診療します。当院の内科系外来は、循環器内科、神経内科、糖尿病内科、消化器内科の各専門医もしくは認定医が担当しています。

本科の特徴

院内に充実した検査室を有しており、レントゲン、CTを始め、採血検査、血液ガス分析などの多くは、20〜30分で結果を出すことができます。そのほか質の高い診療をご提供します(造影CT、腹部・心臓の超音波検査は、予約検査になります)。

外科

診療内容
主に消化器系を中心に診療しています。
腹痛や食欲不振などの一般的な症状から、緊急を要する疾患まで幅広く診察しています。
本科の特徴

胃がん・大腸がんなどの悪性疾患に対する手術による治療や、大腸ファイバースコープを用いた大腸検査、治療も行っています。

また、そのほか高度な手術、検査については、大学病院などの提携病院に責任を持ってご紹介させていただきます。

整形外科

診療内容

骨折、脱臼、捻挫、打撲などの外傷をはじめ、首の痛み、肩こり、腰痛、膝痛などの身体の痛み・違和感を診療します。

頚椎(けいつい)や腰椎(ようつい)の疾患では、通院で牽引や温熱療法、コルセット、薬物療法などを行います。関節の疾患では、ヒアルロン酸の関節注入、装具療法などの保存的治療が主体となります。骨折などで必要な場合には、手術も行っています。

本科の特徴

レントゲン検査の他に、CT,骨密度測定装置(DEXA)などの検査機器を有し、

注射や薬による治療から、リハビリなど患者さま一人ひとりに合わせた治療を行います。

消化器内科

診療内容

嘔吐、下痢、便秘、腹痛、黄疸(おうだん)、食欲不振、その他に対応します(消化器外科医が診察する場合が多くなります)。検査は採血、検尿、検便などで、レントゲンは一般撮影、各種造影、各種CTなどを行います。

また、内視鏡検査は胃カメラを火曜日に行っています。当院では、患者さまの苦痛の少ない経鼻内視鏡も導入しております。大腸ファイバーは、火曜日の午後に行っています。

本科の特徴

当院では消化器外科で診察する場合が多くなります。内視鏡として経鼻内視鏡(鼻腔用の細いファイバーによる胃カメラ)を導入しているのも特徴です。

経鼻内視鏡は通常の胃カメラと比較して次のような特徴があります。

  • 吐き気がほとんどありません。
  • 検査中に会話が可能なため、医師と患者さまの意思の疎通が図れ安心して検査を受けていただけます。
  • 喉の麻酔は行わないため、検査後すぐに食事が取れます。
  • 鎮痛剤の注射を投与しないため、車を運転してお帰りいただけます。
採用案内はこちら
採用案内
看護部はこちら
リハビリテーションはこちら
福利厚生について