当院について
当院の基本理念
私たちは、来院されるすべての患者さまに対し、誠実で良質な医療を提供することにより、地域に貢献することを基本理念としています。

  • 地域社会に信頼され、選ばれる病院になります。
  • 患者さまの訴えに対し誠心誠意、耳を傾けます。
  • 地域医療に貢献し、良質な医療を提供するため、医療・看護・介護・社会的支援の活用等、患者さまの立場に立     った総合的チーム医療を目指します。
  • 職員は、プロ意識を持ち日々研鑽に努めます。
  • 患者さまの喜びを私たちの喜びとし、朗らかに喜んで働ける職場を目指します。
院長の挨拶
私は医療・介護はサービス業の最たるものと考えています。
そして、この医療・介護に携わる者としてわたしたちが最も大切にすべきことは、患者さま・利用者さまの声に誠心誠意、耳を傾けること、つまり「傾聴の心」です。
 
患者さま・利用者さまの心身の状態に合った医療・介護行為を行おうとした場合、まず話を聴くことが重要になります。そして傾聴とは、ただ話を聴くだけでなく、患者さま・利用者さまの気持ちを察し、同じ思いを共感的に受け取らなければなりません。
そして、患者さま・利用者さまがこちらに何を訴えているのかを理解し、わたしたちのできる最大限の努力をする。これが、まず第一に考えるべき事です。

当院は昭和21年の医院開業以来、一貫して地域の皆様と共に歩んでまいりました。
急速に少子高齢化が進む中、地域の医療需要に対応するためにケアミックスの最大の強みを活かし、急性期(一般病床)・回復期(地域包括ケア病床・回復期リハビリテーション病床)・慢性期(医療療養病床)と、どの病期にも対応が出来る体制を整えて、早期からリハビリテーションを積極的に行なうことにより、安心して住み慣れたご自宅や地域に退院出来る様にお手伝いすることが使命であると考えております。
また充実した在宅部門(訪問看護ステーション・通所リハビリテーション・居宅介護支援事業所)を持ち、退院後も安心して在宅での生活が続けられる様に支援を行なっています。
さらに、昭島市より市内では医療機関として唯一「地域包括支援センター」の委託を受けております。

私ども竹口病院はこれからも「地域の医療・介護にとって、必要不可欠な存在になる」ことを目標とし、医療・介護の基本となる「傾聴の心」を忘れることなく、患者さま・利用者さまのお一人お一人に合った医療・介護を実践し、「患者さま・利用者さまに選ばれる病院」を目指して日夜努力し続けて参ります。
                   
                                    医療法人社団 竹口病院
院長 竹口 甲二
当院の概要
昭和21年9月北多摩郡昭和町福島(現・昭島市)に竹口医院を竹口文雄が開院
昭和26年12月現住所、昭島市玉川町4丁目に移転
昭和29年5月7日竹口病院開設(一般病床40床)
昭和29年8月~
昭和42年6月
一般病床57床から病棟新築工事を経て、一般病床82床、結核病床64床の計146床の規模になる
昭和42年10月医療法人社団竹口病院開設(経営主体が個人から法人となる)
昭和43年7月~
昭和45年5月
総病床数146床から新病棟増築工事完成に伴い、
一般病床150床、結核病床45床の計195床の規模になる
昭和53年1月人工透析療法開始
昭和58年4月手術室・透析室等が入る新棟完成
昭和61年7月結核病床を廃止し、全病床が一般病床となる
平成元年5月一般病床81床、特例許可老人病床111床の計192床となる
平成2年12月新病棟新築工事着工
平成3年12月竹口甲一、二代目院長に就任
平成5年11月初代院長竹口文雄死去。竹口甲一理事長に就任
平成11年6月二代目院長・理事長竹口甲一死去に伴い竹口甲二 院長・理事長に就任
平成12年10月介護療養病棟新築工事と既存病棟改築工事に着工
平成13年8月介護療養病棟完成に伴い療養型病床54床を開設
平成14年6月介護療養病床54床、医療療養病床60床届出
一般病床51床と併せて計165床となる
平成16年5月7日一般病床51床、医療療養病床60床、介護療養病床54床の計165床で病院開設50周年を迎える
平成17年8月リウマチ科開設
平成18年11月1日通所リハビリテーション、介護予防通所リハビリテーション、居住介護支援事業所開設
平成21年5月1日介護療養病棟を廃止し、回復期リハビリテーション病棟を開設
一般病床51床、医療療養病床60床、回復期リハビリテーション病床46床の計157床となる
平成22年4月1日東部地域包括支援センターを昭島市より受託
平成23年11月回復期リハビリテーション病棟を4床増床
一般病床51床、医療療養病床60床、回復期リハビリテーション病床50床の計161床となる
介護予防通所リハビリテーションを廃止
平成26年9月一般病床51床の内20床を地域包括ケア病床として届出、運用開始
平成27年8月1日一般病床1床を地域包括ケア病床に変更、一般病床30床、地域包括ケア病床21床となる
採用案内はこちら
採用案内
看護部はこちら
リハビリテーションはこちら
福利厚生について